レザー・皮革

特性

本革は動物がもつ自然の表面感、手触りを持つ魅力的なものですが、着用で汚れても簡単に洗うことができず、お手入れや保管にも十分な注意が必要です。

取扱いの注意

  • 皮革製品に水や湿気は大敵です。雨の日の着用はできるだけ避け、濡れてしまったら乾いたタオルでたたいて水気を取り、陰干しした後、目立たないところで試してから、専用クリームで油分を補いましょう。
  • 汚れた場合のお手入れは銀面・スエードなど、皮革の種類に合った専用のクリーナーを、必ず目立たないところで試してから使用しましょう。
  • 直接日光の当たらない、風通しの良いところを選んで、重ねおきせずにゆったりとした状態で保管してください。
  • 長く使うためには、連続使用を避け、使用後は2~3日休ませてください。靴は古新聞などを中に入れ、湿気を十分にとって乾燥させ、形を整えて保管しましょう。
  • 衣類の場合、しわが気になる場合でも、アイロンがけは絶対にお避け下さい。硬くなってしまいます。

皮革製品は、こまめにお手入れすることが長持ちの秘訣です。