ピリング(毛玉)

原因

着用時の摩擦によって表面が毛羽立ち、絡まりあって、もまれることにより形成される毛玉は、柔らかいウール・アンゴラ・カシミヤ素材やアクリルなどの化学繊維にできやすく、脱落してしまえば外観を損ねることはありませんが、表面に残ると外観を損ねてしまいます。

取扱い方法

できてしまった毛玉は、毛玉取りやはさみなどで、地組織を傷つけないように丁寧に刈り取りましょう。
毛足の長いものに関しては、毛羽を刈りすぎてそこだけハゲたようにならないように、生地から浮かせて切るなど注意が必要です。
引きちぎったり、ガムテープを貼り付けてむしり取るのは厳禁です。毛玉が取れてもさらに毛羽立ち、新たな毛玉の元ができてしまいます。
また、地の目の方向に沿ってブラッシングで毛羽の絡みをほぐすのも効果的です。毛玉を防ぐには、摩擦を少なくすることが必要です。

適正なサイズを選び、着合わせ上着のサイズも、ゆとりある、裏地のあるものを選ぶことをお勧めします。
連続着用を避けることや、早めにお手入れするように心がけることも大切です。