Q1.服装で心がけるべきポイントは?
派手すぎず、流行に左右されないベーシックなデザインのものを

式典に参加する母親のスーツのデザインに決まりはありませんが、派手すぎず、あまり流行に左右されないベーシックなデザインのものを選ぶと、今後のお子様の発表会やご自身の同窓会でも使えるのでおすすめです。
かつてはブラックフォーマルを着用する人がほとんどだったようですが、最近はオシャレ着としても活用できるものが人気です。
記念に残る写真でも『素敵なママ』でいたいものですよね。
ただ、地域差や園・校風によっても両親の服装についてはさまざまです。
『式はブラックフォーマル』と足並みを揃える地域もありますので、事前に周囲や先輩にリサーチしておくと安心です。
Q2.『卒園・卒業式』におすすめの装いは?
上品で、落ち着いた雰囲気の装いを

卒業式はお祝いの場であると同時に、それぞれの進路への旅立ち、またお世話になって先生への感謝の気持ちを表す場でもあります。
上品で、落ち着いた雰囲気の装いを心掛けましょう。
落ち着きのあるネイビー、ブラック、グレー等のシックな色合いのスーツが無難といえます。
インナーにはフリル使いのブラウスや、ギャザー使いのインナーなどを合わせるとエレガントな雰囲気に。
また、コサージュやネックレス、バッグなどの小物類で華やかな色をプラスしてみてはいかがでしょうか。

『卒園・卒業式』におすすめをチェック >>
Q3.『入園・入学式』におすすめの装いは?
清楚な印象のファッションがぴったり

入園・入学式は、新しい生活が始まる日。これからのお付き合いをしていく方との出会いの場でもあります。
先生にも他の保護者の方にも好感が持たれるよう、清楚な印象のファッションがぴったりです。
ベージュやネイビーが昔からの定番カラーですが、華やかな薄いピンクや、アイボリー系も春らしくておすすめ。
ただし、あくまでも上品なスタイリングに仕上げなくてはならないので、ビビッドカラーなどのスーツはおすすめしません。
光沢感のあるワンピースや、ジャケットとワンピース異素材、色違いの組み合わせスーツも人気です。

『入園・入学式』におすすめをチェック >>
Q4.私立小学校や幼稚園の服装はどんな雰囲気?
その園や学校ならではのルールがある場合も

私立の学校によっては、その園や学校ならではのルールがある場合もあります。卒業式でも入学式でも、ブラックフォーマルの方がほとんど、というところもあるので、先生に伺ったり先輩ママにお話を聞いたりして式のマナーをチェックしておくとよいでしょう。
Q5.小物はどうすれば良い?
華やかに装うのが素敵!上品にコーディネートするのがおすすめ

コサージュ
卒園・入学式共にコサージュを付けて華やかに装うのが素敵!ただ、ぎらぎらしたデザインや奇抜なカラーは避けるべき。
オフホワイト、ベージュ等淡いカラーで上品にコーディネートするのがおすすめです。

ネックレス
一般的に、ご不幸の場でのアクセサリーは、「一連パール」のみ許されています。
これを、”一連パール=喪のネックレス”と連想してしまって、お祝いの席に、お葬式を連想させる一連パールは良くないとなってしまったようですが、入園・入学式などお祝い場での、「一連のネックレス」は問題ありません。
服装に合わせて2連や3連ネックレス・パールもおすすめです。

バッグ
デイリー使いの大きめのバッグやショルダーバッグではせっかくの上品スーツスタイルが台無しに。
スーツカラーに合わせたハンドバッグを選んでください。また、入園、入学式には華やかなパーテイーバッグもおすすめです。

サブバッグ
式当日は自分のお化粧品等はもちろん、スリッパなどで荷物は多くなってしまいがち。
さらに、当日は書類を配らされたり、記念品を持ち帰る場合があるので、サブバッグを用意しておくと便利です。

シューズ
つま先やかかとが出ないパンプスを選びましょう。
バッグの色とコーディネートするのもおしゃれ。また、厚手のタイツは重たく見えるので避けた方が良いでしょう。
Q6.ヘアスタイルやメイクで気を付けるべき点は?
清楚な印象になるよう、すっきりとしたヘアスタイルとナチュラルメイクで

清楚な印象になるよう、すっきりとしたヘアスタイルとナチュラルメイクを心掛けましょう。
ネイルも、ベージュやピンク系のやわしい色できれいにするのが女性としてのエチケットです。
髪の長い方は、何かの時に髪をさっとまとめられるように、バレッタやシュシュ等の髪留めを用意しておくと良いです。
Q1.『卒園・卒業式』におすすめの装いは?
上品&落ち着いたスタイル

卒園・卒業式はお祝いの場であると同時に、それぞれの進路に旅立ち、またお世話になった先生への感謝の気持ちを表す場でもあります。
ネイビー・ブラック・グレー等のシックなカラーのスーツで上品で落ち着いた印象を心がけましょう。
また、まだ肌寒い季節のため防寒対策も忘れずに。

『卒園・卒業式』におすすめをチェック >>
Q2.『謝恩会』におすすめの装いは?
華やか&カッチリしすぎないスタイル

カッチリとしたジャケットスタイルももちろんOKですが、少しカジュアルさがあっても問題ありません。
ジャケット代わりにボレロやニットベストを着ても良いでしょう。
会場がホテル等の場合はドレスにボレロカーディガンなど華やかな装いがオススメ。

『謝恩会』におすすめをチェック >>
Q3.『入園・入学式』におすすめの装いは?
清楚&明るい印象のスタイル

入園・入学式は新しい生活が始まる日。
これからお付き合いをしていく方との出会いの場でもあります。
先生や他の保護者の方にも好感を持たれるよう清楚な印象のファッションがピッタリです。
女の子ならアイボリーやベージュ、ピンクなど明るく可愛いカラーがオススメです。
男の子であれば、ネクタイなどの小物で色味をきかせたスタイルも良いでしょう。

『入園・入学式』におすすめをチェック >>