オンもオフもおしゃれに妥協したくない。もっと思いどおりにおしゃれを楽しみたい。
そんな女性のために23区と、インナーウェアの「ワコール」がスペシャルコラボ!
この秋絶対おすすめな「服×インナー」のトータルコーデ5選をお届けします。

シーンを問わずトレンドを楽しめる着合わせテクニック。
そして、体型などのお悩みをカバーしてキレイに着映えるインナー選び。
上手な着こなしワザを知って、おしゃれの秋を思いっきり満喫しませんか?

style.1
トレンド色「赤」を、大人なムードで着こなす

着こなしワザ 1
「この秋の注目色といえば赤!同系色で品よくまとめて」

難易度の高そうな赤。主張のある色だけれど、同系色のクラシカルなチェックスカートを合わせれば、品よくレディライクに着こなせます。

着こなしワザ 2
「本革サッシュベルトで引き締まった印象に」

本格レザーのサッシュベルトで重厚感を加えれば、さらに大人っぽく引き締まったニュアンスに。

着こなしワザ 3
「チャンキーヒールのパンプス+ミドル丈の靴下」

太めヒールのパンプスと靴下を組み合わせて、足もとまで今っぽく!

インナーワザ 1
「静電気対策できるスリップで、ニット素材も安心」

ニット素材の服には、静電気が気になるものも。そんなときは、静電気が起きにくい素材のインナーを着れば安心!

スリップタイプなら、上半身も下半身もしっかり対策できます。

インナーワザ 2
「薄手ニットには、脇や背中をすっきり見せるブラジャーを」

薄手のニットを着ていると、脇や背中のラインが気になることも。

そんなときは、ふんわりした谷間メイクと脇・背中の段差がつきにくいブラジャーで、後ろ姿までしっかりとキレイに。

インナーワザ 3
「はきごこちがラクなガードルで、ウエストインがサマになる」

ウエストインの着こなしには、下半身のたるみをぐっと引き上げるガードルを。

おなかまわりのもたつきも気にならず、すっきりとキマります。

style.2
すっきりと、マニッシュに。カラーボトムで一気に垢抜け

着こなしワザ 1
「はき慣れたワイドパンツも、色を遊べばたちまち新鮮」

ラクにはけてオンでもオフでも大活躍のワイドパンツ。

季節感たっぷりの明るめキャメルで、秋の着こなしをアップデート。

着こなしワザ 2
「首もとはすっきり見せて、抜け感と女性らしさを」

重くなりがちなニット×ワイドパンツの着合わせは、Vネックで軽やかな抜け感を作るのが女性らしさのコツ!

着こなしワザ 3
「本格派ローファーで、キリッとマニッシュに仕上げて」

この秋注目のローファー。大人が選ぶなら本格仕様の一足が正解です。

メンズシューズのような厚みのレザーが、洗練された足もとを印象づけます。

インナーワザ 1
「Vネックにしっかり隠れて、淡色でも透けにくいインナーを」

Vネックニットには、ネックラインにキレイに沿うカッティグや、アウターへのひびきにくさにこだわったキャミソールがぴったり。ベージュカラーなら透け対策にも!

インナーワザ 2
「脇すっきり・胸ふっくらのブラジャーで、女性らしいデコルテに」

バストを寄せてデコルテをふっくらキープするブラジャーなら、Vネックのトップスもさみしくならず女性らしい印象に。動いてもラインがくずれにくいのも魅力です。

インナーワザ 3
「ひびきにくいソング+ロング丈ガードルで、ヒップラインに自信!」

ふとももからおなかまでリフトアップしてくれるロングタイプのガードルがあれば、ワイドパンツも細身パンツもキレイなラインではきこなせます。

ガードルに合わせるショーツは、ひびきにくいソングがおすすめです。

style.3
秋に着たい柄No.1タータンチェックをスマートに

着こなしワザ 1
「秋らしさ満点のタータンチェックをまずは一枚」

カジュアルなイメージの強いチェック柄は、落ち着いた色合い&シンプルなデザインならシーンを問わず活躍。

アウターを重ねても季節感を存分に発揮してくれます!

着こなしワザ 2
「トレンド素材・コーデュロイは上質感あるものをチョイス」

カジュアルになりがちなコーデュロイも、やわらかく美しい素材感を選べば、着用シーンがぐっと広がります。

コクのある色でシックに取り入れるのが大人流。

着こなしワザ 3
「手もとや足もとに素肌感。女性らしく軽やかに!」

シックな色でまとめた大人なコーデは、手もとや足もとで素肌を感じさせるのがすっきり見えの鍵!

インナーワザ 1
「シンプルトップスは、ブラジャーでこっそり着くずれ対策」

シンプルなデザインのトップスは、動けば動くほど着くずれが気になるもの。さまざまな体型に無理なくフィットし、着くずれがおきにくいブラジャーでキレイなシルエットをキープ!

インナーワザ 2
「ショート丈ボトムで、タイトスカートも美シルエット!」

からだのラインを拾いやすいタイトシルエットのスカートも、ラクにはけるガードルが強い味方。

ショート丈なら座ったときも見えなくて安心です。

style.4
即サマになるワンピースは、下着のコーデも楽しみどころ

着こなしワザ 1
「異素材使いの単色ワンピースなら、着映えも着回し力もばっちり!」

スポッと一枚でサマになる気軽さが嬉しい、プルオンタイプのワンピース。

さりげない袖のニット切替えが高感度を印象づけてくれます。

着こなしワザ 2
「チェック柄を効かせて、さらにこなれた印象に」

秋色のチェック柄ストールは、一枚は持っておきたい便利な差し色アイテム。

大判タイプなら、首まわりのマフラーとしても羽織り代わりにも使えて重宝!

インナーワザ 1
「下着のコーディネイトも楽しめば、さらに女性として気分が上がる!」

ワンピースを着る日、下着をお揃いの華やかデザインでまとめれば、よりフェミニンな気持ちが高まるはず。これぞ女性だけの楽しみです♡

インナーワザ 2
「ふんわりスカートには、タップパンツをはけば安心」

ワンピースやスカートのときは、短めのタップパンツを。下着が見えず安心して過ごせます。

style.5
大人の可愛げを引き出す、ゆるニット×タイトスカート

着こなしワザ 1
「この秋も、オフショルダー人気はますます加熱」

今年トレンドのオフショルダーは、厚着になりがちな季節こそ抜け感作りにひと役!

お仕事シーンでは肩を隠すように覆って上品に、オフの日はデコルテを出して肌見せを楽しんで。

着こなしワザ 2
「大胆な大ぶりチェックは、トップスと色をつなげて」

ゆるっとやわらかなニットには、程よいフィット感のタイトスカートを合わせれば知的で大人な印象に。色を合わせれば全身が品よくまとまります。

着こなしワザ 3
「ソックス+パンプスで旬のトラッドスタイルに!」

足もとはタイツやブーツでかっちりまとめるよりも、ソックス+パンプスではずして。

チェック柄スカートをより今年らしくはきこなす鍵です。

インナーワザ 1
「気になるバストのボリューム&ブラひものチラ見えを一気に解決」

オフショルダーはブラジャーのストラップが見えそう。バストにボリュームがあると、ニットが着ぶくれして見えちゃう。

ストラップレスタイプの「バストを小さく見せるブラ」で、そんな悩みを一挙に解決!

インナーワザ 2
「タイトなボトムには、きゅっと小尻に見せるショーツを」

ヒップのボリュームが気になるタイトボトムには、ななめ上に引き上げて華奢な小尻に見せるショーツがぴったり

ワコールウェブストアオリジナルのショーツです。

style.6
今年のトレンドアウターは「細見え」も兼備!

アウター必須の寒ーい季節が来ても、すっきりおしゃれを楽しみたい。

23区には、そんな女心に応えてくれる細見えトレンドアウターがバリエーション豊富に揃っています!
たとえば…

大人カジュアルの代名詞・モッズコートは、
ヌメリ感のあるソフトな素材ですっきりと上品な印象に。

ウエストをブラウジングすれば、さらにすっきりと女性らしく羽織れます。

上半身をコンパクトにまとめてくれるジャケットは、
ドルマンスリーブやボックスシルエットが今年らしさのポイント。

気になる二の腕などのピタピタ感も気になりません。

ほんのりオーバーサイズのコートは、着ぶくれしにくいゆったり感が嬉しい!

前を開けて羽織れば、バイカラーになった裏地が見えてIラインを強調。縦長効果が期待できます。

スタンダードに使えるトレンチコートは、アームホールに細見えへのこだわりが。

二の腕をすっきり見せつつさりげなくカバーします。

適度にハリ感のあるなめらかな素材で、全身スマートな印象に!

ゆるっと羽織るだけでサマになるニットアウターは、
身頃に程よく分量感があり、体型を問わずラクに着られる一枚。

トレンドの着流しデザインは、さりげなくボディラインを目くらまし&縦長効果が期待できます。

ぜひこの秋からは、「何を着るか」と同じくらい「どう着こなすか」にも注目を!

すっきりと着こなすための「着合わせワザ」と「インナーワザ」を取り入れて、
もっと自由に、思いどおりにおしゃれを楽しんでください!