卒業式、謝恩会、入学式…
どんな装いがそれぞれ相応しい?
セットでやってくることが多い、卒業式&謝恩会&入学式の3つのイベント。
基本的にはフォーマルスタイルなら同じ服装でもOKですが、シーンで服装を使い分けるとさらに◎
卒園・卒業式はお祝いの場であると同時に、それぞれの進路に旅立ち、またお世話になった先生への感謝の気持ちを表す場でもあります。 ネイビー・ブラック・グレー等のシックなカラーのスーツで上品で落ち着いた印象を心がけましょう。
また、まだ肌寒い季節のため防寒対策も忘れずに。

カッチリとしたジャケットスタイルももちろんOKですが、謝恩会は少しカジュアルさがあっても問題ありません。
ジャケット代わりにボレロやニットベストを着ても良いでしょう。
会場がホテル等の場合はドレスにボレロカーディガンなど、華やかな装いがオススメ。


入学式は新しい生活が始まる日。
これからお付き合いをしていく方との出会いの場でもあります。先生や他の保護者の方にも好感を持たれるよう清楚な印象のファッションがピッタリです。女の子ならアイボリーやベージュ、ピンクなど明るく可愛いカラーがオススメです。男の子であれば、ネクタイなどの小物で色味をきかせたスタイルも良いでしょう。
ママは当日
何を持っていくと安心?
入学式では資料を配布されることが多いため、A4以上、できればB4サイズの書類が入るサブバッグがあると便利。容量が大きいものであれば脱いだ上着もしまえます!
また、校舎にあがるため携帯できるスリッパも用意しておきたいアイテム。
できればインスタ映えも狙いたい!
ハレの舞台を素敵な写真に収める
コツは?

簡単に出来る撮影テクニックをご紹介!
定番の正門の看板前は人気スポット。時間に余裕を持って会場へ行くか式典後に撮るのがおすすめです。看板の一歩手前にお子様を立たせてあげると、バランスがよくなります。
またせっかくですので、平成○年などの年号が分かるものが一緒に写ると記念になります。
またお子様のベストショットを撮るのは至難の業。
そんな時に役立つのが連写機能です。連写で沢山写真に収め、後からとっておきの1枚を選びましょう。
入学祝いにはどんなアイテムが喜ばれる?
入園式・入学式はお子様にとって成長の大きな節目であり、その喜びをお祝いするのが入園祝い・入学祝いの目的。
一般的には、親しい間柄で祝うもので、親族や友人のお子様に贈ります。
入園式・入学式の直前は準備に追われる方が多いため、入園・入学祝いは幼稚園や学校に入る2〜3週間前までに
お贈りするのがオススメ。余裕をもって3月の中頃までにお贈りするのも良いでしょう。
お子様が遊べる玩具や、幼稚園で使えるお弁当箱、通園バッグなどがオススメです。

小学校で使える鉛筆やペンケースといった文具、また子供用自転車を贈られるのも喜ばれます。
実用的な通学・通塾用バッグや、オシャレな女の子にはポーチやお財布をプレゼントすると◎