【23区】夏→秋 季節をまたぐ 最旬ブリッジSTYLE | ファッション通販サイト[オンワード・クローゼット]

夏→秋 季節をまたぐ 最旬ブリッジSTYLE 夏→秋 季節をまたぐ 最旬ブリッジSTYLE

ONWARD CROSSET

今買って秋まで着られる新作トップスは、
おしゃれに悩む季節の変わり目に大活躍!
シンプルなデザインをベースに、
トレンド感や素材、着回しにこだわることで、
気温やシーンに合わせた
幅広い着こなしが楽しめます。

上品なガーター編みとシンプルで着回しやすいデザインが特徴。夏はニットを一枚で、秋には羽織りを重ねて、季節ごとの着こなしを楽しんで。

肌触りがよく清涼感のある素材は、真夏にもおすすめ。手洗いができるのでお手入れも簡単です。適度な伸縮性で、アウターを重ねても快適。

フェミニンなボートネックとゆったりしたサイズ感。裾に向かってラインを絞り、後ろ身頃を立体的に仕上げることで女性らしいシルエットに。

パンツやスカートとの簡単なワンツーコーデも、着こなしがきちんと見える優秀ニット。ラインがきれいなのでカーデ代わりにキャミワンピースに重ねてみても。

ドライで膨らみのあるシルクのような素材が、美シルエットと大人のモード感を演出。ドレープ感があるので、真夏でも涼しげな印象です。

ボウタイをひと巻きすれば、シャープで女性らしい表情に。シワになりにくい素材なので、ジャケットのインナーなど通勤シーンにも活躍。

ボウタイの色で印象がかわるブラウスは、同色ならフェミニン系、配色ならモード系の印象に。ボトムのシルエットを選ばないので、ONにもOFFにも着回せます。

品質が変わりにくい、フランスアルモリュクス≠フ素材を採用。ナチュラルなデザインと風合いは、長年着られるベーシック感が魅力です。

ボーダーのピッチ幅にこだわり、きれいめにもカジュアルにも使える一枚に。肩を落としたり丈感を長めにしたり、デザイン性や着映えも意識。

いずれのカラーも、トレンドのブラウン系ボトムと合わせやすい今季のイチオシ。ジャケットを着るときは、裾や袖口からボーダーを少しのぞかせてこなれ感を。

後ろ身ごろをストライプ柄の生地に切り替えた異素材ブラウス。シンプルなフロントに対して、後ろ姿はリボンディテールをアクセントに。

光沢やドレープが美しく、一枚でもインナーとしても季節を問わず活躍。同素材の無地パンツを合わせれば、セットアップ風にも着られます。

主張が強すぎないバックシャントップスは、大人のデイリースタイルに最適。ゆる感が絶妙なので、ロングスカートに合わせてもバランスよくまとまります。

ふわふわとした独特のタッチが特徴のロングカーディガン。軽くてストレスのないファンシーニットを採用し、なめらかでやさしい肌触りに。

上質な素材を贅沢に使ったカーディガンは、ゆったりと女らしいシルエットに。デニムからロングスカートまで、旬のボトム合わせも自在です。

秋に向けてロングカーディガン×ロングスカートのちょっぴりルーズな重めシルエットが新鮮。レトロでトレンド感のある、ロングワンピースに羽織っても素敵。

体のラインが響かないよう身幅に程よいゆとりをもたせつつ、すっきり美シルエットを実現。二の腕に少しかかる、肩のデザインにも注目して。

裾に前後差があるので、シンプルなスタイリングでも着こなしやバランスが今っぽくきまります。ボトムは、伸縮性のある同素材のニットパンツもおすすめです。

リブ編みのカーディガンは、シンプルですっきりとしたVネックが大人の印象。伸縮性と清涼感のある素材で、夏でもさらっと軽い着心地に。

カーディガン以外にも、ボタンを留めてワンピースのように着たり、パンツやレギンスを合わせて重ね着を楽しんでも。一枚でトレンド感が出せるアイテムです。

ゆったり身幅と落ち感で、女らしい柔らかさを醸し出してくれるプルオーバー。着こなしのアレンジができる、チュニック丈もポイントです。

長めの丈感を生かして、スキニーシルエットのパンツを合わせるカジュアルな着こなしもおすすめ。上品なボーダーは、辛口のレザージャケットとも好相性です。

使い勝手がよく、なめらかで伸縮性のあるポンチ素材は着心地抜群。適度なハリがあるのでシルエットが崩れにくく、シワになり難いのも魅力。

二の腕部分をきれいにカバーしてくれる絶妙なデザイン。シンプルながら、素材や形に品があるので、カジュアルに合わせてもきれいめな印象がキープできます。

撮影/土山大輔(TRON) スタイリスト/難波洋子
 ヘアメーク/中村未幸(Lila)
モデル/竹下玲奈 編集・本文/吉川歩

Page Top