気絶ブラザーズが白衣で見参!冬を先取る、新しい高機能ダウン「ADS」をFORZA STYLEの干場義雅編集長とアニキで大研究!ADSを使いこなしている各ブランドの新作アウタープレゼンを受け、2人でベストを選びます!

今回も、白衣に身を包んだ干場編集長とアニキが 総回診っ! って、もう十分ですね(笑)。早速、研究員となって 引き続き 2019年秋冬についての研究をします。

前回覚えて使いたくて仕方がなくなってるキーワード「ADS」を連呼しながら、ADSを1番巧みに使いこなしているブランドがどこなのか、全員集合っ!した中から一気に探っていきます。

評価の方法は、干場編集長とアニキが用意した 気絶ボタン! 気絶するたびに「気絶っ」「アニ気絶」の声が響き渡り、その数が多いほど、ADSを巧みに使いこなしているというわけ。

どんな模様になったかは動画を観ていただくとして、こちらでは各ブランドのアイテムについて紹介していきます。

イタリア・デルフィーノ社のスーツ素材 NAPOLIを採用した撥水性の高いバルマカーンコート。ヴィンテージファブリックに見られる杢糸(ムリネヤーン) を使ったグレー地がポイントです。生地の重さは270g/uと非常に軽く、通常のウールコート地の約半分。

裏面には、15マイクロンのポリウレタンラミネートフィルムを貼り、透湿・防風に優れ、耐水圧は1500mm以上です。ちなみにビニール傘で約500mmですから、凄さが分かると思います。柔らかい風合いを出すためにフィルムの種類や接着方法をデルフィノ社と思考錯誤しながら年々改善しています。

そして、ADSを取り入れたダウンライナーにはオリジナルプリント柄である蓮の葉×鮫小紋を採用。通常のダウン量の1/2でも暖かさを確保でき、薄くなった分ポケッタブル仕様になりました。ジップで簡単に着脱が可能なので、気温に合わせて脱ぎ着でき、脱いだときも荷物になりません。

ジップで簡単に着脱可能なダウンライナー
ダウンライナーは、脱いだ際にポケッタブルで小さく収納が可能。

繊維の断面が拡大するとヒトデのような形をしている特殊素材、割繊糸を使用したスポーティーなダウンコート。

割繊糸は、生地にした際に隙間があるため、地球1周分でも435gという非常に軽量です。触り心地もピーチスキンのようで、短い産毛が生えたような滑らかな風合いが特徴。

ディテールでは、肩部分を山羊革を部分使いしたり、その他の部分にも やや厚みがある丈夫な生地タッサー生地でブロッキングしたり、フードが取り外し可能など、こだわりのディテールが盛りだくさんです。

着脱できるライナー
糸を巻き取る際に、進行方向と垂直方向より高圧の空気を周期的に吹きつけることにより、糸同士を交絡させて周期的に節のように細く固めた糸インターレース糸をピケ組織で表現した3WAYのブルゾン。

今季はダウンの洗浄を国内に変更することで、より膨らみのある羽毛感を得られると思います。また、ダウンパックに帯電防止機能を持たせることで、よりダウンの巡回を促進しています。

形状記憶性があり弱撥水加工も施しています。 また、3WAYのライナー地には1枚で着てもライナー感を感じさせないスポーティーな切り替えと表地をコンビで採用しているのもポイントです。襟の内側には皮脂汚れ防止スパンテレコを別布で採用しているので襟汚れも気になりません。

ダッフルコートを基にアレンジさせたフ―テッドデザインのコート。表地は軽さとしなやかさを追求したポリエステル繊維の形状記憶素材、ポリエステルメモリーで、柔らかいシワ感により見た目に重さを感じさないのがポイントです。
合繊特有のシャイニー感を抑えたマットな色合いで、程よくヴィンテージ感を醸し出すベージュと、深めのマリンネイビーの2色で展開。
ダッフルコート特有のトグルを外し、少し着丈を長めにすることで、カジュアルだけでなく、ビジネスシーンでも着用できるデザインに仕上げています。