夏の最中ではありますが、ミモレの人気スタイリスト3人がそれぞれ秋冬のいちおしアウターを一足先に試着しました。「これさえあれば、おしゃれに迷わない!」おすすめのコートを、超早出しになりますがご紹介したいと思います。

「冬のおしゃれの要『アウター』、今年は今買いたい理由」

アウターのサイズやシルエットが豊富、そして増税前の今が買いどき

この時期に、冬のアウターの話? と思われた方も多いかもしれません。でも、「アウターを買うなら実は今」と、大草直子コンセプトディレクターは強くお勧めします。その理由を伺いながら、今年買いたいおすすめアウターを教えてもらいました。

「アウターは値の張るもので買える枚数も限られています。だから、まずはアウターを買って、それを軸にインナーやボトムなどを買い足すほうが服選びに迷わないんです。だって、ドロップショルダーの厚手ニットの上にタイトなコートは着られないでしょ?」とその理由を教えてくれました。そして「シルエットやサイズ、色など、いちばん豊富に揃っているがアウターが出始めの今だから」というのも理由のひとつなのだそう。

そして、今年は10月から消費税率が10%にアップ!そう、高単価なアウターは増税前に手に入れておくのが賢い選択なのです。涼しくなり、気分も秋冬へ向かう9月は、増税前の駆け込み需要で品薄になっている可能性も。いつもよりかなり早めですが、アウターはじっくり選べる今が買いどきなんです。

カジュアルにも通勤にもOK!ふわっと羽織れる
スマートなチェスターダウン

オンワードが特許を取得したADS技術のロングダウンコート。すっきりとしたチェスター型に、膝下までのミディ丈で、カジュアルさを抑えたデザイン。シャンブレーの上品な発色で、より高級感のある1枚に。軽い雨ならはじいてくれる撥水加工あり。

太って見えそうで敬遠していたロングダウンコートですが、ADSはキルティング加工がないので、シルエットがとってもスマート!チェスター型でカジュアルになりすぎないし、長さもあるので、今回合わせたプリーツスカートを始め、タイトスカートからワイドパンツまで、様々なボトムと合うんです。ボトムを選ばないから、通勤にも、カジュアルにも使えますよね。ドレスの上に羽織って、手持ちのベルトでギュッとウエストマークするのも素敵!色は“中間色”のグレイッシュなブラウンだから、グレーにも黒にもマッチします。

肌色をきれいに見せる澄んだスカイブルーを主役に、
モノトーンを合わせた大人のリッチカジュアル

ドロップショルダーでゆったりした身頃のノーカラーリバーコート。カシミヤ混の上品な風合いと光沢のある素材感で軽い着心地も魅力。ボトムを選ばないオーソドックスな丈感で、着こなしの幅が広がります。

澄んだ透明感のあるスカイブルーは、今年とても気になっている色!暗くなりがちな冬の肌色をきれいに見せてくれるコントロールカラーの役割も果たしてくれるから、“冬のブルー”ってすごくいいんです。生地も厚すぎず、軽くてゆったりしているので、レイヤードもしやすく、長い期間着られます。襟元はすっきりとしたノーカラーだから、シャツを重ねたり、ストールを合わせたり、首回りのアレンジも楽しめる一枚。白+黒のモノトーンにブルーをプラスするレイヤードは、まとまりが出るので、カラーコート初心者にもおすすめの着こなしです。

マルチウェイで着られる、ウール+ダウンの
お役立ちアウターはシーンレスで大活躍

イタリアの老舗紡毛メーカーBellandi社のダブルクロス素材を使用した、軽くて程よいふくらみのあるウールナイロンのメルトンコート。インナーダウンにはADSを使用し、薄さと軽さ、暖かさを兼ね備えています。

1セットで色んな表情を見せてくれる、キャメルのインナーダウン付きアウターです。雰囲気を和らげてくれる色なので、黒やグレーを合わせてシャープさを加えた甘辛バランスで着るもの◎。ウールコートはボクシーなシルエットでエレガントさもあり、丈感も絶妙。フードが横顔を立体的に、後ろ姿を華やかに見えてくれます。またインナーダウンは軽くて暖かく、単体でも着られるので、秋から真冬まで長い期間楽しめますよ。

経年変化を楽しみたい、艶のあるレザージャケットは
柔らかなコニャックブラウンで女らしく

キメ細かい上質なラムレザーは、柔らかさとしなやかさ、上品さをテーマに、トルコの老舗レザータンナーが日本向けに作った別注素材。素材のよさを活かしたシンプルなノーカラーデザインは、お仕事シーンにも好適。コンパクトなフォルムなので、トレンチコートを上に重ねても。

黒のライダースの次に買うならこれ! 熟成の進んだコニャックのようなブラウンは、ツヤがあって女っぽく見える色。黒と合わせるとモードに見えるし、ネイビーやグレー、ボルドーとも相性の良い色です。来年、5年後…と着ていくほどに、ツヤや深みが出てくるのがレザーの醍醐味。自分に馴染むほどに価値が増していく、その過程を楽しんでほしい一枚です。

薄手で軽く着心地のよくスタイリッシュな「ADS」なので保温性も高く、発色がよく、上質なウールやレザーを使った今年らしいコート。たっぷり選択肢がある今のうちに、お気に入りの1着を見つけてくださいね。

ウェブマガジンより転載