ミモレの人気スタイリスト大草直子・望月律子・川上さやかとオンワード樫山のブランドとのコラボ服が発売されることになりました!3人が今シーズン着たい、こだわりの詰まったアイテムが続々登場します。

花柄or無地?
大人が着るべきロングワンピース

大草直子コンセプトディレクターとシンプルシックな上質服で絶大な支持を集める「23区」がコラボしたのはロング丈のワンピース。黒の花柄と、無地2色という3種類から選べるワンピースには、フェミニンなアイテムを着こなすための大草セオリーが散りばめられています。

大人に似合う花柄は、黒ベースの「中花柄」がベスト!

シックな花柄を全面にプリントした華やかなシャツワンピース。落ち感のある、軽くて柔らかな素材は、シワにならずストレスフリーな着心地。

一口に花柄と言っても、小花柄だと可愛すぎるし、大花柄も主張しすぎ。だから派手すぎないシックな「中花柄」がベストなんです。抜け感のある“真っ黒すぎない黒”もこだわったポイントです。胸元のボウタイはワンピースと一体になっています。なぜって、なくしちゃうから(笑)。ゆるっとひと結びにすればリラックス感を出せるし、トレンチ結び(片蝶結び)ならマスキュリンに、首元でチョーカー風に結べばモードに、と結び方で印象を変えられます。着ていく場所やその日の気分によって、いろいろなアレンジを楽しんでもらえたらうれしいです。ハットやブーティーを合わせた、ヴィンテージ感のあるロマンティックなスタイリングは、小物をプラスするだけで気軽にドレスアップできるのでおすすめです。

口紅のような深みのあるボルドーで、顔色を明るく女っぽく

花柄と同型のボルドーのワンピース。ウエストにはギャザーを施し、1枚でもスタイルアップして見えるデザイン。

口紅のような色味のワンピースを作りたくてできたのが“ボルドー”の無地ワンピース。歳を重ねると首に影ができたり、顔色が悪く見えたり。そんな悩みを解決するのが、深みのある、女っぽいボルドー。1枚でもドラマティックに見えるし、ダークカラーのアウターに合わせた時には、コーディネートに色をプラスしてくれて、主役にも引き立て役にもなる色です。ハンサムな黒のライダースジャケットを合わせると“甘辛バランス”に。冬はタートルネックをレイヤードするのもおすすめです。

使えるネイビーもあり!

落ち着きのある“濃紺”のネイビーは、オフィスやマザーニーズなど、きちんと感が欲しいときにもぴったり。パールのアクセサリーを合わせればドレスアップも出来て、花柄やボルドーと同じ型でも、全く違う印象を与えてくれます。1枚持っておいて損はしない、何かと使える色!

1枚できちんと着られて、前をすべて開けるとはおりにもなり、長い期間楽しめるのもポイント。花柄にはいろいろな色が入っているから、合わせる小物にも迷いません。ライダースジャケットを合わせた甘辛スタイリングも真似したくなりますね。

何も考えずにコーディネートが決まる、
コスパ抜群の新セットアップ

大草直子コンセプトディレクターは「自由区」とのコラボでセットアップを作りました。「セットアップ」と聞くと同素材の上下組み合わせを想像されると思いますが、大草ディレクターはあえて違う素材を組み合わせ、ひと味違うセットアップを提案してくれました!

スタメン×スタメン!のボーダートップス&きれいめスカート

ボートネックのボーダートップスは、シルクのような光沢のあるコットンモダール素材を使用。スカートは、しわになりにくいウールライクな素材に、同色のレースのプリーツをドッキング。ウエストINしやすいデザインのスカートなので、すっきりとスタイルアップして見えます。

私が考えるセットアップの新定義――それは「目をつぶって手に取った上下が、しっかり合ってくれること」だと思うんです。カジュアルなボーダーとエレガントなレースのスカートを1セットにしておくことで、朝のコーデも時短になるし、それぞれに着まわしもできて本当にお得! ボーダートップスは、顔まわりを無地にすることでカジュアル感を抑えた大人向けの一枚。スカートは、動くたびにレースのプリーツが広がって、脚を組んだときにもさりげない色気が出せます♪ モノトーンのセットアップには、チェックのストールやスニーカーなど、カジュアルな小物を合わせて、溌剌としたスタイリングに。トップスの裾は前後差のあるデザインなので、インでもアウトでもサマになりますよ。

カジュアル見えしない
黒ボーダー&ブラウンスカートの大人色コンビ

トップスは黒地ベースのボーダーなので、顔まわりが引き締まり、カジュアル見えしません。実はショルダースナップも付いていて、下着がずれにくいというのもポイント。スカートは後ろウエストにゴムをしのばせ、ストレスフリーな着心地に。

ブラウンのスカートは、オリジナルで色を合わせて染めて頂いたレースがとってもきれい! ハードな印象の黒のライダースジャケットを合わせて、落ち着いた大人のスタイリングに仕上げました。スクエアのバッグとシューズも黒で統一することで、ハリのあるフレアスカートの存在感がより際立ちます。コートを羽織ればオフィススタイルにもマッチしますよ。

一見意外な組み合わせですが、実は着こなしやすいお役立ちセットアップ! 単品でも使い勝手がいいので、合わせるアイテムによっ幅広いシーンで着られそうですね。スカートはシワになりにくい素材だから、旅先のおしゃれにも重宝しそうです。

ウェブマガジンより転載