仕事もドレスアップも叶える才色兼備なダウンは?

2018年に結婚し、生活の拠点をオーストリアに移した中谷美紀さん。約9,000kmも離れたオーストリアと日本を行き来しながら、女優として、一人の女性として年輪を刻む姿からは透明感と知性を兼ね備えた魅力が溢れ出ています。そんな中谷さん、実はドレスアップしたときに羽織れるダウンをずっと探していたのだそう。日本もオーストリアも冬の寒さは格別。薄くて軽く、そして暖かい「ADS」のダウンを中心に様々なシーンに寄り添うアウターを取り揃えました。自由にたおやかに、今を生きるすべての女性たちへとっておきの一着を。

コートはイタリアの老舗紡毛メーカーBellandi社のダブルクロスを使用。軽く、ほど良くふっくらとしたメルトン仕上げ。単体でも着られるインナーダウンには薄くて暖かいADSを採用。ショート丈のノーカラーデザインなので、ジャケット感覚で活用できる。

シーンも季節も越えて活躍
3WAYアウター

ウールナイロンのコートと同色のインナーダウンがセットになった一着。セットはもちろん、コートのみ、インナーダウンのみでも着ることができるので、シーンに合わせて、秋から春先までマルチに頼れます。大きめのフードは、顔まわりを華やかに見せてくれるうえ、フロント、サイド、そして後ろ姿まで360度立体感を出し、スタイルアップを実現。ボクシーなフォルムは、ボトムも選びません。シックなブラックに白を掛け合わせれば、クールなモノトーンルックが完成。

イタリアのMANTECO社の環境にも優しいサスティナブルな上質素材で仕立てたコート。身体を包み込むような美しいフォルムにもこだわり、前をあけてさらっと羽織るだけでサマになる一着。

冬こそ、サンドベージュの
優しさを

肌映りの良いサンドベージュのコートは、重たくなりがちな冬のおしゃれを明るく華やかに彩ってくれます。リバー素材を使用した、リバーシブル仕立てなのでどちらを表にするかによって表情に変化をつけることも。さらに、どちらを表にしても動いたときにひらっとのぞく、内側との表情の微差が着こなしに奥行きを。柔らかで優しいタッチも魅力。エアリーな着心地で、ロングカーディガン感覚で羽織れます。

アウターは、柔らかさを残しながら、しっかりと目の詰まった、独特の表面感。中綿は空気層を大幅に増加することで、優れた保温性を発揮している。中綿の50%はリサイクル繊維を使用したサスティナブルな素材で、環境にも配慮。

冬が楽しくなる
リズミカルなレイヤード

スポーティなフードつきアウターに高機能中綿素材の「THERMORE®」キルティングをあしらい、カジュアルなイメージをブラッシュアップ。ゴールドのスナップボタンがさらにリッチな印象をプラスしてくれます。アウターがマストになる冬はなにをどう重ねるかでおしゃれに差を。ミドル丈のアウターに、ロングワンピースにレギパン。レイヤードに長短をつけることでリズムが生まれ、冬に陥りがりな“もっさり”とは無縁に。黒とベージュの大人配色にはストールの赤を。

中谷美紀さん着用アウター一覧