ファッション通販サイト[オンワード・クローゼット]

MEETS

MY FIRST STORY

30周年を記念して、ブランドとゆかりのある人々が
「23区」との出会いや思い入れのあるアイテムを振り返る「My First Story」。
第2回は、雑誌のタイアップページでコラボレーションし、
モデル、また一人の女性として輝きを増すヨンアさんが登場します。

Vol. 02
FASHION MODEL
YOUN-A

動画再生のモーダルウィンドウを開きます

30周年を記念して、ブランドとゆかりのある人々が「23区」との出会いや思い入れのあるアイテムを振り返る「My First Story」。
第2回は、雑誌のタイアップページでコラボレーションし、
モデル、また一人の女性として輝きを増すヨンアさんが登場します。

01EPISODE WITH 23KU23区との思い出

23区との出会いは日本に来た頃。
清楚で品のある女性像に
惹かれました

「23区」の魅力について教えてください。

「23区」を知ったのは19年ほど前。日本で仕事をし始めた頃でした。
ファッション誌の撮影で服を目にして、
「清楚な女性らしさを表現できる服だな」という第一印象を持ちました。
ワンピースやジャケットのような
女性にとって定番と呼ばれる品々も揃っていて、どれも上品。
幅広い女性に支持されているのも納得です。

定番もトレンドも。
ミックスコーディネートで楽しみたい

ヨンアさんご自身は普段、どんなファッションが好きですか?

いろいろな服装を楽しむほうで、コンサバルックからストリートテイストまでどれも好きです。でも、必ずどこかに
フェミニンな要素がほしい。だから、Tシャツとレースのスカート、メンズライクな服にハイジュエリーをプラス、
というようなミックスコーディネートがマスト。この小さなこだわりが、気分をアップする秘訣です。

ファッションに対する独自のこだわりにセンスが光ります。

ありがとうございます。ワードローブにはシャツやデニムのようなベーシックアイテムもたくさんあります。
それでも、やっぱり意識するのは今のムード。色や全体のバランス感を見ています。秋冬のアウターも
今年らしさを意識してシルエットや色を吟味します。今回のダウンコートも、袖を通すのが楽しみです。

02FOCUS ITEMフォーカスアイテム

スタイルの主役になる、定番シレータフタダウンの最新作

CIRE
TAFFETA
DOWN
シレータフタダウン

毎年好評を博している「23区」の冬の定番ダウン。超極細で
強度のあるハイマルチヤーンを使用し「23区」のために開発された
オリジナル素材です。微光沢の美しい表面と柔らかさがありながら、
静電気軽減や撥水といった機能も備えているのが特徴です。
シルエットは女性らしさを追求。さらに、中綿にはダウン90%を
使用しながら水洗いが可能。ショート丈とロング丈に加え、
今年は新作のコンパクト型も登場。
ますますチョイスが豊富になりました。

VIEW ALL ITEM

軽くて暖か、そしてスタイルを
ワンランクアップする上質感

実際に着用したヨンアさんからは、「すごく軽い!」と驚きの感想が。
「それに、適度な肉厚感で着膨れないのもいいですね。ダウンのパネルの幅も絶妙だから、
シルエットがきれい。ダウンなのにスタイルアップができるというのが魅力ですね」。
「手触りがとてもなめらかで、かすかな光沢も。大人の女性に喜んでもらえそうです」

SHORT×BEIGE ショート×ベージュ ゴールドを効かせた、
トラッドなレイヤードルック

淡いベージュは表地のスムースな質感が生きる色。「ヒップが隠れる丈は、
暖かくて見た目が軽やか。スカートでもパンツでも、バランスよく決まります」
フロントを開けたレイヤードの着こなしは、スカーフとカーディガンの金ボタンが
エレガントなアクセントに。細身デニムとロングブーツで、全体の印象をすっきりと。

SHORT×DULL BLUE ショート×ダルブルー ニットの上にさらりと羽織って。
都会的リラックススタイル

モダンなダルブルーはショート丈のみで展開。ゆったりニットと
パンツというリラックススタイルを、シックな色が引き締めます。
「キリッとしたカラーでも、スポーティ過ぎたりメンズっぽく
見えたりしないのが絶妙。ウエストにはドロストコードがあって、
シルエットを自分好みにアレンジできるのもポイント」

LONG×KHAKI ロング×カーキ 縦長のシルエットがカギ。
表情豊かなブラウンの着こなし

しっかり防寒できるロング丈は、キレイを追求したシルエット。「そう、ロングなのに
モタつかない。切り替えの幅も厚みもほどよくて、着膨れしないんです」
ほのかにブラウンのニュアンスを含んだ深いカーキを生かしたコーディネート。
ニットやモコモコのバッグなどの質感を差し込み、奥行きのある着こなしに。

LONG×NAVY ロング×ネイビー ネイビーのクリーンな軽さが
モノトーンルックに抜け感をプラス

白のタートル&ワイドパンツに黒のニットベストを重ねた、
マニッシュなモノトーンの着こなし。ダウンは、あえてネイビーをセレクト。
黒よりも軽快な印象に映ります。「落ち着きのあるダークなネイビーだから、
オンオフの垣根なくさまざまなスタイルに寄り添ってくれるはず」
ロング丈はフードが取り外し可能です。

COMPACT×BLACK コンパクト×黒 モードな全身黒の着こなしに
ダウンのボリュームで変化をつけて

スポーティでありながらさりげなく女性らしさをアピールする、新作のコンパクト型。
ミニマムなバランスで、フレアスカートとも難なくマッチします。「キラッと
光るアクセサリー風の金具が素敵! 高級感があります。とても今年らしいモデルですね」
裾のスピンドルゴムを絞れば、リッチなボリュームが際立ちます。

COMPACT×BEIGE コンパクト×ベージュ Aラインシルエットを生かし、
フェミニンな気分を満喫

ふわりと風になびくチュールスカートとダウンジャケットという、
エアリーなコーディネート。コンパクト型にはベージュもラインアップ。
裾を絞らずに着こなすと、さりげなくAラインを描くシルエットに。
「ロマンティックなアイテムとも相性がいい。このフォルムがかわいくて、
そしてとにかく軽いことに驚きました」

MOVIE

祝「23区」! ヨンアさんからスペシャルメッセージ

FASHION MODEL ヨンア

2004年に「Oggi」の専属モデルに起用され、18歳で母国・韓国を離れて
単身渡日。2012年に同誌を卒業した後、「BAILA」「FRaU」「25ans」など、
数々の女性誌の表紙を飾る。2018年に自身のブランド「COEL」を創設し、
クリエイティブディレクターを務める。2021年にジュエリーブランド
「narin.」を始動。プライベートでは一児の母。

MO
Youn-a
PH
Yusuke Raika(aosora)
STY
Maiko Kimura
H&M
Yukio Mori(ROI)
WR
Chiharu Masukawa
VG
Nobutaka Shirahama

NEXT

MEETS

30TH SPECIAL FASHION SHOW PARIS TO TOKYO

TOPICS

KEYWORD

ABOUT

  • JAPANESE

  • WOMEN'S

  • STANDARD

  • 23区にとって、Japanese Women とは―

  • 内面から醸し出される、凛として、

  • 上品な美しさを楽しみたいと、願う女性。

  • 時に奔放であり、時に控えめ。時に強く、時に優しい。

  • 自分のスタイルを持ち続ける女性。

  • 23区にとって、Standard とは―

  • 世代を越えて、時代を越えて、

  • 広く永く愛されるシンプルで、上質、心地よい服、

  • どこまでもシックで、美しいデザイン。

  • 23区 MEETS.

  • 30年間、23区は様々な人に支えられてきました。

  • これまでの出会いへの感謝と、これからの未来に向けて。

  • 1年を通し、素敵な出会いをみなさまへお届けします。

COPYRIGHT (C) ONWARD GROUP. ALL RIGHT RESERVED.

TAGS

62