PAGE TOP PAGE TOP

クリス-ウェブ佳子さんによる秋冬のセルフスタイリング クリス-ウェブ佳子さんによる秋冬のセルフスタイリング

FEATURE:

MEETS ICB

クリス-ウェブ佳子さん
による秋冬のセルフ
スタイリング

CHAPTER.6

ICBの2018FWコレクションを私服そのままのテンションでセルフスタイリング。
ワントーンから柄×柄まで、自由におしゃれを楽しむクリス-ウェブ佳子さんに
スタリングのポイントを語っていただきました。

クリス-ウェブ佳子

PROFILE

クリス-ウェブ佳子

雑誌『VERY』の専属モデルほか、コラムニスト、ラジオパーソナリティ、トラベルライターなどの分野でも才覚を発揮。イギリス人の夫をはじめグローバルな交友関係をもつ。

トレンドカラーのオレンジを
よりモダンに着こなして

「ほっこりしがちなオレンジのワントーンは、ダークカラーのシャツアウターを羽織って縦のラインを作りました。足元をいかに“抜く”かがポイントで、パンツのきれいなスリットを活かして、ヌーディカラーのパンプスを合わせました」

光沢感のあるモッズコートで
ラフでも女らしく

光沢感のあるモッズコートでラフでも女らしく

「雑誌の『POPEYE』に出てくるようなユニセックスでフラットな雰囲気を漂わせた男の子が好きなので、全身ネイビーのコーデにキャップを合わせました。光沢感のあるアウターはボーイッシュになりすぎず、女性らしさがあって素敵です」

ビッグトレンドの“チェック柄”は
重ねるとぐんと華やかに

ビッグトレンドの“チェック柄”は重ねるとぐんと華やかに

「チェック柄は単品で取り入れても素敵ですが、今季はチェックONチェックで楽しみたい。あえて懐かしい感じのスタイルが今の気分なので、マフラーはだらんと垂らしました。パンツのシルエットと丈感を考えると、足元はヒールが正解です」