ICB STYLE WEB
矢野未希子さんによる<br>秋冬のセルフスタイリング vol.1 矢野未希子さんによる<br>秋冬のセルフスタイリング vol.1

SCROLL

CHAPTER.9

FEATURE

矢野未希子さんによる
秋冬のセルフスタイリング vol.1

RELEASE.2019.09.11

マニッシュからフェミニンまでどんな洋服も自分流に着こなし、モード感のあるスタイルに仕上げる矢野未希子さん。「長年理想の女性像は変わらず、好きなものを毎年洗練させています」と話す彼女に、2019 秋冬のICBコレクションをセルフスタイリングしてもらいました。“シンプルで品のある女性”をテーマにしたSTYLEをご紹介。

矢野未希子さんによる<br>秋冬のセルフスタイリング vol.1

シンプルだけど目に留まる
抜け感のあるスーツスタイル

「スーツはハンサムな印象があるけれど、女性が着るとレディなムードが宿るので大好き。なかでもカーキ色は意外と何にでも合わせやすくてカジュアルにも使えるので、最近よく着ています。セットアップで着るときは堅くなりすぎないよう同系色のタンクトップを合わせて肌を見せ、袖をまくって抜け感を出すようにしています」

矢野未希子さんによる<br>秋冬のセルフスタイリング vol.1

異なる要素をミックスして
カジュアルアウターを洗練

「カジュアルだけどシルエットが美しいフード付きアウターには、あえてラフな印象のワイドパンツを合わせました。パンツの素材がカジュアルなので、トップスはニットではなくツルッとした質感の黒のタートルネックをイン。ゴールドのピアスでソリッドな要素も。アップヘアにして、どこかに抜け感をつくるのも私の鉄則です」

矢野未希子さんによる<br>秋冬のセルフスタイリング vol.1

柄ドレスはフラットブーツで
モード感のある着こなしに

「着方によってはさまざまな女性像がつくれる柄ドレス。別布を使った襟部分がシャープな印象だったので、よりモードに着たくてフラットなニーハイブーツを合わせました。また付属のウエストベルトはあえて外して、すとんしたシルエットで着ているのもポイント。髪はタイトにまとめて、ドレスが引き立つようにしました」

Model:Mikiko Yano

Photograph:Taro Okabe(SIGNO)

Hair & make-up:Mifune(SIGNO)

NEXT WEEK

CHAPTER.10

「シーン別 オフィススタイル」
明日は何の日? 何着てく?

次回は9.18Wed.の公開です。

WEEKLY RECOMMEND ITEM

今週のおすすめアイテム

ARCHIVE