ICB STYLE WEB
ICBスタッフが着こなす “薄軽アウター” あなたならどれを着る? ICBスタッフが着こなす “薄軽アウター” あなたならどれを着る?

SCROLL

HOW TO

ICBスタッフが着こなす
“薄軽アウター”
あなたならどれを着る?

RELEASE.2020.09.16

朝晩は肌寒く、日中との気温差がある秋のはじまりは、さっと羽織れる“薄軽アウター”が活躍。引き続きトレンドとして注目のCPOジャケット、旬のスタイリングに欠かせないダブルジャケット、初秋から真冬前まで使えるニットコートの3枚をピックアップして、ICBスタッフが着こなす最新のスタイルとともにご紹介。

OUTER.1
この秋の大本命アウター、CPOジャケット

ICBスタッフが着こなす “薄軽アウター” あなたならどれを着る?

メンズライクな一枚は
都会的に落とし込む

この秋マストでピックアップすべきアウターといえば、CPOジャケット。ミリタリーにルーツをもつメンズライクなアイテムは、モダンかつミニマルにまとめるのがベター。ワイドパンツでエレガントに振りつつ、ウエストをマークして、襟を後ろに抜いて着ると、ノーブルさが漂うワンランク上の着こなしに。
着用:本社スタッフ 岩田慧子

ICBスタッフが着こなす “薄軽アウター” あなたならどれを着る?

異素材をドッキングした
大人の女性に似合う仕様

トレンドのCPOジャケットを、異素材をドッキングしてアップデート。前身頃をニットに、それ以外の後ろ身頃や襟、袖などをジャージー素材にしつつ、それぞれのパーツの色味を揃えることでモダンな仕上がりに。ウエストベルト付きで、スタイリングのバリエーションも。

OUTER.2
羽織るだけで即こなれるダブルジャケット

ICBスタッフが着こなす “薄軽アウター” あなたならどれを着る?

ロングスカート合わせで
品と女らしさをプラス

カーディガン感覚で使える薄軽アウターとして、すっかり定番化したジャケット。今季なら、かっちりストイックにまとうよりもエフォートレスなムードを意識して。メンズライクなダブル前のジャケットには、分量たっぷりのフレアスカートを合わせて品よく。その分、黒×ベージュの色合わせで辛さをプラス。
着用:本社スタッフ 寺岡牧子

ICBスタッフが着こなす “薄軽アウター” あなたならどれを着る?

かっこよさと女らしさが
絶妙なバランス

尖ったデザインがシャープで凛とした印象を与えるピーク襟を採用しつつも、さらりと羽織れる落ち感のある素材&ダブル前のラフなムードが魅力の一枚。アーム部分のフィット感が軽く、適度なストレッチも効いていて、一日中きれいに、ストレスなく着られる。

OUTER.3
秋らしさを加速させてくれるニットコート

ICBスタッフが着こなす “薄軽アウター” あなたならどれを着る?

カジュアルにまとめて
エレガントさを際立たせる

ラフに羽織ったり、共布ベルトでマークしたり、一枚でアレンジを利かせられるニットコートは、秋に一枚あると便利なアイテム。ニットのキュロットパンツと合わせてカジュアルにまとめつつも、トップスをシャツにすることでメリハリのある着こなしに。ネイビー×ブラウンの色合わせも気分。
着用:西武池袋店 店長 金子千晶

ICBスタッフが着こなす “薄軽アウター” あなたならどれを着る?

ボリュームのある襟が
高見えする一枚

重厚な見た目からは想像できないほど軽いのがポイントで、コクーンシルエットとボリュームをもたせた襟がエレガントな雰囲気を演出。ベルトで少し後ろに引っ張るとニュアンスが生まれ、上品な色味と相まって凛とした印象に。

INSTAGRAM

自分らしさを大切にする働く女性のための、ジャケットにこだわったエフォートレスなスタイルを提案する「ICB」。スタッフによる"リアルスタイリング"をご紹介します。

WEEKLY RECOMMEND ITEM

今週のおすすめアイテム

ARCHIVE